カンジダ膣炎に効果のあるサプリは?原因やストレス対策をしてみよう!

【病名、カンジダ膣炎、サプリ】
くみきち

 

ぽんくみだ!

 

今日もブログを読んでいただいて感謝です!

すっかり寒くなってきました、皆様いかがお過ごしでしょうか?
もっと寒くなると傷口が痛むのかな・・・心配。

 

初めての冬なので、不安ですが頑張って仕事します!
最近ブログを書くとネガティブになりすぎるので
もっとアクティブに書いていこうと努力してます。

 

今回も「カンジダ膣炎」について書いていこうと
思いますので、お付き合いください。

スポンサーリンク

カンジダ膣炎は、女性特有の病気。
炎症を起こして、カンジダ菌が繁殖して
膣や外陰部あたりに異常を感じる。

 

変わったおりものや、かゆみなどの症状が出る・・
炎症を起こす原因は人それぞれだとは思うけれど、
体調不良やストレスなどによる免疫力の低下が
原因だといわれている。

 

 

寝不足や栄養不足、ストレスなどが
重なって誰でもなることがあるし
不潔だからなるものではない。

 

 

性病とも、ちょっと違う・・・。

 

カビの一種なので、抗真菌薬の薬で良くなるので
軽いものだと、自分の力で治るとかも言われている。

 

 

いつもと違うおりものや、性器のかゆみなどの
初期症状が出てきたら、病院に行った方が
治りがいい!

 

 

女性専用外来や、婦人科などを受診する方が
安心やし治療は膣内をきれいにして、カンジダ菌を
抑える抗真菌薬の膣剤を入れる。

 

 

持続タイプの膣剤を入れて、だいたいはそれで良くなる。
最近は、内服薬の治療薬もあるとのこと、外陰部なのど
かゆみに対しては、塗り薬もある。

 

それも、抗真菌薬の塗り薬で治るとのこと。

 

免疫力が低下している人がなりやすい病気なので
妊娠中になる人が多いらしい・・・
妊娠中は、免疫力が、どうしても低下してしまい・・
そーゆー病気になりやすい。

 

私自身は、泌尿器系が弱いので私は妊娠中に
膀胱炎になってしまった!
どーしても自分の弱いところに出てしまう・・
というか、弱いところをやられてしまうように思う。

 

安定期の頃、膀胱炎になってしまった!
でも、妊娠中はやたらと薬は飲めない・・・
抗生物質のひとつでも処方してもらえたら、
直ぐに治ったと思うのだけど・・・
妊娠中なので、抗生物質は飲めなかった。

 

 

処方されたのは漢方薬だった・・
それも超ゆる~~いのだったと思う、
気休め程度の薬だったのだろうか・・
ホントのとこは知らんけど、
とにかく、全然治らなかった。

結局、出産するまでずっと膀胱炎のままだった・・・
妊婦が貰う薬なんて、所詮気休め程度の
ものなのかなぁと、勝手に思ってた。

 

 

膀胱炎になった私は、そんな感じだった・・
だから、もし妊娠中にカンジダ膣炎になっても
本来の薬が処方されるのかは分からない。
基本、妊婦さんはむやみやたらに薬が飲めない。

 

スポンサーリンク

そんなときは、漢方薬やサプリなのかなぁと思う!
いろいろと調べてみるとカンジダに効くサプリとなると、
個人的には、かなり怪しいような気がする。

 

眉唾眉唾って思ってしまう。(笑)

 

でも、整腸剤のようなタイプはいいのかなと思った、
カンジダ菌と腸内菌は関係がないようで
意外と関係があるのかも!

 

カンジダ膣炎になる原因は
何度も書いている通り、免疫力の低下である!
腸内環境が良くなると、免疫力がアップする
というのを聞いたことがある。

 

先日、子宮頸がんで手術をしたときも
手術後は乳酸飲料のジョアが出てきた、
手術後は乳酸菌がいいというのを何かで
聞いてたけれど、本当に出てきた。

 

オバケみたいな書き方になってしまったが(汗)
おお!・・ジョアやんけ!と思ってしまった。(笑)

病院で出てくるのだから、身体に本当に
身体にいいのだと思った!
これも腸内環境を少しでも良くして、
免疫力アップさせて、傷の治りを良く
しようとのことだと思う。

 

それと一緒で、とにかく腸内環境が良くなるよう
にすることが、身体に良いのではと思った。

 

カンジダ膣炎に効くサプリといっても、
胡散臭い感じがするけど(おいおい。。)
でも、整腸剤や乳酸菌サプリなどはいいのでは!

 

 

カンジダ膣炎だけじゃなくて腸内環境を良くして、
腸内フローラを整えることは、ほとんどの病気に
対して効果がある。

 

もっと早くに気が付いてたら、
私も癌にならずに済んだのかなぁ・・・
免疫力アップさせても、職場にストレスの
大元が御座いなので、やっぱムリっぽいけど。

 

そんな怪獣がいる職場に復帰して早2週間・・
さすがに、ちと慣れてきた・・・ちとだけね。

 

そんな職場で、朝早くにリーダーに呼ばれた。
「ちょっと話があるんですが・・。」と、
誰もいないところに連れて行かれた。

 

怪しい・・・何だろ?

 

復帰してから全然お役に立ててないから・・・
「もっと働け!」とか、そんなことかな?
でも、休職前も全然役に立ってなかったし変わらんか。
などと考えながら、後ろから歩いて行った。

 

誰もいない空間に着いて、話が始まった・・
「仕事はどうか?」
「体調はどうか?」
ということを最初に聞かれた。

何とかこなしてますが、お役に立ててなくて
申し訳がないと最初に謝った・・・
見ている分に、少ししんどそうに
見えると言われた。

 

「仕事、しんどいのと違う?」と。

 

少しつらいときもあるけど、
出来ないことはないので・・・
大人の対応で「大丈夫です」と答えた。

 

それと、「ストレスは溜まってないか?
デイの職員の人間関係は大変だけど大丈夫か?
精神的にもしんどいのではないか」と聞かれた。

 

人間関係は、しんどい時もあるけど・・
どこに行っても自分と合わない人はいる!
それは仕方がない。

 

これも、「大丈夫です」と答えた。

でも、ストレスが溜まっているように思えると言われた。
癌にもなってるし、大丈夫かと・・・そして、
少し環境を変えた方がいいのでは?と言われたのである。

 

私は子宮頸がんから復帰したばかりだ、
癌の原因は一番にストレス!
そのストレスが溜まる環境が良くないと言われた。

 

再発や転移のことも言われた。

 

今の環境では、そういうリスクも
上がるので良くないと・・・
それについては、自分自身も思っていた。

 

話しは続く、内部異動の話が
いろいろ出ていることを言われた、
新しい職員が入ることも教えて下さった。

 

今いるデイには新しい職員が
来られることが決まったらしい・・・
デイだけ職員が潤ってもねぇとも言われた。

 

つまりは異動の打診だった。

 

スポンサーリンク

全くの想定外の話だったので、
一瞬にして頭の中が真っ白になった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です